とようら観光案内 TOYOURA NAVI

お知らせ

2018年11月8日

第2回 豊浦町『秘境小幌』フォトコンテスト審査発表

今回のフォトコンテストでは全国から109点もの作品が寄せられました。
皆様のたくさんのご応募ありがとうございます。

第2回秘境小幌フォトコンテスト入賞作品をご覧ください。
最優秀賞、優秀賞作品は写真家・矢野 直美氏による講評がございます。

 

最優秀賞

最優秀賞 「いらっしゃい」 小川 晃生 様(豊浦町)

お上手な写真です。秘境駅・小幌は、トンネルに囲まれていたり、森に囲まれていたりと、秘境駅を感じさせる表現方法がさまざまにありますが、この作品は今までの審査会では見たことのない構図です。緑の入れ方と配置が素晴らしく、秘境駅らしさも表現されている。最優秀賞にふさわしい素敵な作品です。

 

優秀賞

優秀賞 「祈り」 松本 公子 様(伊達市)

岩屋観音の例大祭でしょうか。この日、この時にしか撮れない貴重な写真ですね。全体の雰囲気、そして陽の当たっている場所と、影の感じをすごくお上手に表現されています。さまざまなことを想像させてくれる美しい作品です。この場所の秘境さ、神秘さが表現されていると思います。

 

優秀賞 「はじめまして。~TRAIN SUITE 四季島~」小倉 芳昭 様(東京都)

四季島はまさに、この日この時に来ないと撮れない写真で、きっとダイヤを調べて計画を立てて撮られたのだと思います。夏の緑のなかに女性がぽつんと立たれていて、カメラ目線ではなく、列車を見ている風情が優雅ですね。撮る方と撮られる方の息が合った素敵な写真と思います。

 

優秀賞 「夜の美利加浜トンネル」 油谷 公政 様(札幌市)

列車がトンネルの中から出てくる瞬間をとらえた作品です。夜景撮影は流し撮りを始め色々な方法あり、こちらの撮り方も面白い表現方法です。美利加浜トンネルという小幌を象徴するものを見せつつ、トンネルや線路の質感、車両のディテール、光と影が表現されているいい写真です。

 

優秀賞 「秘境駅の祖父母」 山田 楓 様(神奈川県)

見た瞬間に幸せな気持ちにさせていただきました。撮られている女性も撮っている方もみんな笑顔で、陽が当たってホームに人の影が伸びていて、見れば見るほどすごく味のある写真です。タイトルに祖父母とあるので、この幸せな瞬間を撮られたのはお孫さんでしょうか。お孫さんの愛情も感じますね。

 

優秀賞 「出発進行」 水倉 真彦 様(札幌市)

列車をドンと迫力いっぱいに画面に置き、小幌駅の特徴的な停車場があって、駅名標を入れる。そのバランスがとてもいいです。春のタンポポと、木々の優しいライトグリーンが上手に表現されていて、車体のグリーンとの色合いが良く映えますね。

 

優秀賞 「小幌チャレンジ!」 丸山 裕司 様(札幌市)

日本酒が窓際に並べられ、窓の向こうにはちょうど小幌の駅名が見えて、皆さんでワイワイ楽しみながら撮られている様子が伝わってきます。窓枠から特急列車ということが分かり、駅に停車せずに一瞬で通り過きるこの瞬間を狙ったタイミングもばっちりですね。

 

入選

入選 「まもなく秘境小幌駅」 三宅 高弘 様(苫小牧市)

 

入選 「紅葉のピリカ浜」 宮崎 慎司 様(室蘭市)

 

入選 「文太郎浜から眺めるホタテ漁」 佐々木 憲昭 様(札幌市)

 

入選 「ガイドマップの秘境駅」 阪口 あつ子 様(兵庫県)

 

入選 「青いキハを見送る」 久保 ヒデキ 様(札幌市)

 

入選 「鹿の通い路」 金丸 忍 様(倶知安町)

 

入選 「神々の遊び場」 河原 泰平 様(せたな町)

 

入選 「冬の小幌駅Part2」 真尾 秀幸 様(札幌市)

 

入選 「まもなく小幌駅」 能登 喬也 様(札幌市)

 

入選 「記念撮影」 真尾 恵理子 様(札幌市)

 

入選 「青空と小幌駅2」 栗山 敬康 様(札幌市)

 

入選 「小幌駅到着」 中村 郁子 様(札幌市)